農地法に関する手続き

田園風景●農地(採草放牧地)をそのままで売買または賃借する場合
   権利移動⇒あり  用途変更(転用)⇒なし
第3条許可

●農地(採草放牧地)を所有者が住宅用地や駐車場等にする場合
   権利移動⇒なし  用途変更(転用)⇒あり
第4条許可(市街化区域以外)または届出(市街化区域)

●農地(採草放牧地)を売買または賃借して住宅用地や駐車場等にする場合
   権利移動⇒あり  用途変更(転用)⇒あり
第5条許可(市街化区域以外)または届出(市街化区域)

りんごの木●農地を相続等した場合
第3条の3届出

用語の説明
農地・採草放牧地
「農地」とは、耕作の目的に供される土地
具体的には、耕うん、整地、播種、潅がい、排水、施肥、農薬散布、除草等を行い作物を栽培している土地のことです。【例】田、畑、果樹園、牧草採草地、林業種苗の苗園、わさび田、はす池等 ※いつでも耕作できるような耕作放棄地も農地です。家庭菜園は農地でないものとされています。「採草放牧地」とは、農地以外で主として耕作または養畜の事業のための採草または家畜の放牧の目的 に供されるもの。「農地」、「採草放牧地」の判断は、いずれも耕作あるいは採草または放牧に供されているかどうかという土地の現況に着目して判断されます。土地登記簿上の地目が山林、原野など農地以外のものになっていても現況が農地、採草放牧地として利用されていれば転用には農地法の制限を受けることになります。

 

権利移動・転用
「権利移動」とは所有権を移転すること、又は地上権・永小作権・質権・使用貸借・賃借権その他の使用及び収益を目的とする権利を設定・移転するすること。「転用」とは農地(採草放牧地)を農地(採草放牧地)以外のものにすること。

 

市街化区域・市街化調整区域
「市街化区域」とはすでに市街地を形成している区域及びおおむね十年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域。「市街化調整区域」とは、市街化を抑制すべき区域。